妊婦はジュース類を飲んでも問題ない?

妊婦はジュース類を飲んでも問題ない?

妊娠中に甘いフルーツジュースや炭酸飲料を飲みたくなるという方も多いと思います。ジュース類にはアルコールやカフェインは含まれていませんが、特に気にせずに飲んでいても大丈夫なのでしょうか?そこでジュース類の疑問について調べてみました。

フルーツジュースは100%でも注意が必要?

まず果汁の低いジュースは、基本的に添加物が多く含まれているので好ましくありません。では無添加の果汁100%のジュースであれば飲んでも大丈夫かという話ですが、100%ジュースでも果糖が多く含まれていてカロリーが意外と高いので飲みすぎには注意が必要です。

水やお茶のように飲み物として捉えるのではなく、あくまでも「おやつ」として考え、飲む量は制限したほうがよいでしょう。特に悪阻が終わった後は食欲が増えて体重のコントロールが難しくなるので、できるだけ糖分は控えるように心がけてください。

おやつとしてリフレッシュ気分で飲むのであれば、100%のオレンジジュースがおすすめです。メーカーによって成分は異なりますが、トロピカーナのオレンジジュースの場合、妊婦に必要とされている葉酸が27mg(100ml)含まれています。この量は同じトロピカーナのグレープフルーツの2倍もあります。

糖分を摂りすぎでカロリーが心配な方であれば、100%の野菜ジュース(糖分・塩分無添加の物)がおすすめです。

ビタミンAは過剰摂取すると、奇形のリスクが高まると言われているので心配される方もいらっしゃいますが、過剰摂取で問題になるのは動物由来のものです。野菜由来のビタミンA(ベータカロチン)は、必要な量以外は体外へ排出されるので過剰摂取を心配する必要はありません。

爽快感のある炭酸飲料は飲んでもいいの?

少量であればよいですが、1日に多くの量を飲みすぎるのは止めたほうがよいでしょう。多くの炭酸飲料にはリン酸という添加物が含まれています。このリン酸はカルシウムと結合して体外に排出されるので、カルシウムが体に吸収されるのをリン酸が邪魔をしてしまうのです。

カルシウムは妊婦に必要な栄養素で、お腹の赤ちゃんの成長にも欠かせません。口の中をスッキリさせたいときは炭酸飲料を飲みたくなるときもありますが、フルーツジュースと同じで飲む量はきちんと制限したほうがよいでしょう。

どうしても炭酸飲料を飲みたいのであれば、できるだけ糖分の少ないもの(炭酸水)を選んだほうが無難です。また同じ炭酸飲料でもコーラには糖分だけでなくカフェインも含まれる(約15mg)ので注意が必要です。

    妊娠中にジュース類を飲むときに気をつけることのまとめ

  • 果汁の低いジュースは添加物が多いので避けたほうがよい
  • 100%のジュースでもカロリーが高いので飲みすぎには注意が必要
  • フルーツジュースであれば葉酸の多いオレンジジュースがおすすめ
  • カロリーが心配であれば無添加100%の野菜ジュースがおすすめ
  • 炭酸飲料にはカルシウムの吸収を妨げるリン酸が含まれている
  • 炭酸飲料を飲むのであれば、できるだけ糖分の少ないものを選ぶ

関連記事

ピックアップ記事

妊婦さんにおすすめの飲み物《ノンカフェインのドリンク》

妊婦さんにおすすめの飲み物

カフェインの入っているドリンクは飲みすぎなければ大丈夫とはいっても、飲んでいて不安に感…

飲み物の疑問

妊娠中のプレママにオススメのウォーターサーバー
ページ上部へ戻る