妊娠中にお酒を少量でも飲んではいけない理由

妊娠中にお酒を少量でも飲んではいけない理由

妊娠中にアルコールを摂取してはいけないということは、多くの妊婦さんにとって周知の事実です。しかし中には「少しくらいだったら大丈夫」とお酒に手を出してしまう方もいるようです。実際には少量であればお酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

妊娠中にアルコールを摂取してはいけない理由

妊娠中にアルコールを摂取してはいけないのは、生まれてくる赤ちゃんに「胎児性アルコール症候群」という障害が発生する可能性があるからです。

胎児性アルコール症候群とは先天性疾患の一つで、学習障害、行動障害、発達障害などを持った子供が生まれてくる障害です。さらに奇形となる確率も上がると言われています。

妊婦はお酒を少量でも飲んじゃだめなの?

昔は1日1杯程度の少量のお酒であれば特に問題はないと言われていました。しかし、最近では少量のアルコールでも胎児性アルコール症候群が発生したという報告例もあります。

医学的にもどれくらいの飲酒量であれば大丈夫だというデータはなく、何も確定していないのが現状です。付け加えると、アルコールの耐性も人によって全く違うので、少量であればよいということはありません。

いっぽうで、一滴もお酒を飲まなければ胎児性アルコール症候群を100%予防することができます。飲酒しなければ防げるものなので、子供を出産するまでは何とかして我慢してください。

ノンアルコールのお酒だったら大丈夫?

実はノンアルコールのお酒であれば完全に大丈夫だというわけではありません。ノンアルコールの定義とは、アルコール濃度が1%未満の飲料です。なのでノンアルコールを謳っていてもアルコールが含まれている可能性があります。

販売されている飲料で「アルコール0.00%」と表記されているものであれば、アルコール的には問題ありません。しかし、外国製の飲料やお店でノンアルコール飲料をオーダーするときは、微量のアルコールが含まれている可能性もあるので注意が必要です。

ノンアルコールドリンクでも炭酸飲料であれば、カルシウムの吸収を妨げるリン酸が含まれていることが多いです。なので妊娠中の飲み物としては、あまりおすすめできません。

料理酒にもアルコールが入ってるけど大丈夫?

料理に使うお酒の場合は、加熱する過程でアルコール分が飛んでしまうので問題ありません。ただし過熱しない料理にお酒を使用する場合は、3~5分ほど沸騰させてアルコールを完全に飛ばしてから使うようにしてください。

    妊娠中にお酒を飲んではいけない理由のまとめ

  • 妊娠中にお酒を飲むと、障害を持った子供が生まれる可能性がある
  • アルコールが少量であれば大丈夫だという保証は何もない
  • お酒を一滴も飲まなければ胎児性アルコール症候群を100%防げる
  • ノンアルコールでもアルコールが含まれている可能性がある
  • アルコール0.00%の表示があれば、とりあえずは飲んでも大丈夫
  • ノンアルコールでも炭酸飲料であれば、飲み過ぎないように
  • 料理にお酒を使う場合は、加熱でアルコール分が飛ぶので大丈夫

関連記事

ピックアップ記事

妊婦さんにおすすめの飲み物《ノンカフェインのドリンク》

妊婦さんにおすすめの飲み物

カフェインの入っているドリンクは飲みすぎなければ大丈夫とはいっても、飲んでいて不安に感…

飲み物の疑問

妊娠中のプレママにオススメのウォーターサーバー
ページ上部へ戻る